シミを早く治したいなら美容クリニックに行こう

流れと特徴

カウンセリング

レーザーの流れ

美容皮膚科でレーザーによるシミ治療を受ける場合は、事前にシミ治療についての流れや注意事項を知っておくことが大切です。まず医師やカウンセラーによるカウンセリングがあります。シミの種類によって効果があるレーザーの種類が違うので、カウンセリングのときにどんなレーザーを使って治療をするのかを決めていきます。取りたいシミにマーキングをして、施術台に横になりレーザーを照射していきます。麻酔がいらないレーザーもあります。不安なら麻酔をしてもらうこともできますが、レーザーよりも麻酔注射のほうが痛いこともあります。レーザーでシミが焼却されたら、患部にテープを貼れば治療が終わりです。治療後はしばらくテープを貼った状態で過ごす必要があります。

その他の消し方

シミは紫外線、老化、摩擦、ターンオーバーの乱れなどが原因で発症する皮膚の病気です。紫外線や老化などでできる一般的なシミは、美容皮膚科のレーザー治療、美白外用薬の塗布、フォトフェイシャルなどで治すことができます。レーザー治療なら一回で消せますが、外用薬やフォトフェイシャルは完全に消すまでに時間がかかります。外用薬は速攻性はありませんが、自宅でスキンケアをしながら治療できるのが魅力です。フォトフェイシャルは通常5回くらいをワンクールにして照射していきます。一回あたりのエネルギーがレーザーよりも弱く、肌に優しいのが特徴です。また、特定のシミだけではなく、肌全体の毛穴を引き締めてきめ細かくし、トーンアップする効果があります。