歯科で行なえる治療と費用について知っておこう

治療メニューが豊富にある

歯医者で受けることのできる治療の種類は非常に豊富です。例えば同じ虫歯の治療でも、削った部分につめる金属の種類を選ぶことができます。一般的には銀をつめることが多いのですが、目立たないセラミックや身体に優しい金合金なども選ぶこともできます。このように歯科治療は、豊富なメニューの中から自分にあったものを選ぶことができるのです。東京都の代々木や兵庫県の明石市などの歯医者では、メニューも特に豊富です。

歯を美しくするための治療・3選

医療器具

ホワイトニングを受ける

ホワイトニングとは、歯を漂白することで自然な白い歯を手に入れる方法です。歯の黄ばみなどの汚れが気になって、口を大きく開けられない、という悩みを抱えている人にお勧めの歯を美しくするための治療です。即効性があり、短時間でできるオフィスホワイトニングが、最も主流の治療メニューになっています。

審美修復治療を受ける

審美修復治療は、口元と歯の関係を考慮しながら歯の一本一本を修復し、綺麗な笑顔を目指すというものです。矯正治療で乱れている歯並びを改善したり、事故などで欠けてしまった歯を修復したりします。目立つ銀色の詰め物や変色した詰め物を白くすることも可能です。

審美歯周外科治療を受ける

主に前歯を中心に、歯の長さや形態を綺麗にするのが審美歯周外科治療です。見た目が気になる不揃いな歯肉の高さを形成手術で揃えます。こうすることで歯の長さがそろい、笑ったときなどに目立ってしまう前歯の歯茎の過度な露出を解決することができます。

歯科で行なえる治療と費用について知っておこう

治療

治療を受ける時の注意点

歯科で治療を受ける際には、事前に歯を磨いておきましょう。汚れが付着していると正確に診断することができません。入れ歯の場合も綺麗に洗っておいてください。また、体調が優れない場合や妊娠中である場合は、事前に歯科医師に伝えます。そして忘れてしまいがちですが、女性の方は診察前に口紅を落としましょう。医師は唇の色も診断材料としています。その他、診察に不安なことや気になることがあれば、遠慮せずに質問するようにしてください。

歯型

気になる持ち物とは?

歯医者で治療を受ける際に必要な物は、保険証、お薬手帳です。持っている人がいれば、受給者証や医療証も必要となります。また歯医者に訪れた理由が、つめものがとれたなどということであった場合は、そのつめものも持って行くと治療がしやすくなります。入れ歯がある人も持って行くようにしましょう。さらに、小児歯科の場合は問診票記入の際に参考にするために母子手帳を必要とするところもあるため、事前にホームページなどで確認しておきましょう。

院内

費用について

歯医者で受ける治療には大きく分けて、保険治療と保険外治療の2つがあります。保険治療は非常に安価で受けることができますが、治療法や材料、治療時間などに制約がかかってしまい、希望通りの治療ができないこともあります。一方保険外治療はそのような制約が無いため、質の高い治療を受けることが可能です。しかし保険治療の3~10倍近い費用がかかってしまいます。具体的には、保険治療で軽度の虫歯を治療する際にかかる費用は3000円くらいです。

ニーズに合った治療を受けよう

歯の治療法、費用などは受ける歯医者によって異なります。自分がどんな治療を受けたいかというニーズをはっきりさせて、それが可能かどうかを事前に確認してから治療を受けるようにしてください。そして、自分にあった治療をきちんと受けることで、健康な歯を手に入れましょう。

広告募集中